否定的感情論: kisswitch

2011年05月07日

否定的感情論


1人でいることに飽きてしまったんだ
わがままな話は聞いてくれないな
理由をなくしたその鍵は
もう捨てるしか選択肢がないよ

醜い蔑みに耐えてしまったんだ
いつあっちから呼んでもらえるかな
大きく一歩踏み出したところで
消えない思い出と場所は私を苦しめる

寝転がって愛を見たよ
この目で存在しないものが見えたんだ

遠くに行ってほどけてしまったんだ
繋ぎ直して今度は結んで
本当か嘘かって言われたら本当のこと
抱きしめた地面
抱きしめられなかった君へ

屋上から叫んだ無欲な言葉たち
反対側から見えた本来の君
怖がって逃げた古いビル
全て黒く見えて、窓は1つも開かないで
どうやってもう一度見いだせばいいんだい

溺れてたあの時
戸惑いながらの告白
何が好きだったか
重い、出せない

遠くに行ってほどけてしまったんだ
繋ぎ直して今度は結んで
本当か嘘かって言われたら本当のこと
抱きしめた地面
抱きしめられなかった君へ

君へ
【関連する記事】
posted by 秋桜 at 01:56| Comment(0) | 歌詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。